ボディペイントの査定時の評価

ボディペイントしてあると査定時の評価は?

車がボディペイントしてあると、査定時の評価はどうしても低くなります。これは仕方のないことかもしれません。ボディペイントしてある車は特殊な車として扱われることになり、査定時の評価はどうしても下がってしまいます。

ボディペイントをすると、純正の質感には及ばず、見た目の印象は悪いです!

ボディペイントすると、車を大きくイメージチェンジできますが、それは所有者の自己満足に過ぎません。車をボディペイントする意味は、納得のいかないボディカラーを自分色に染めることにあります。自分の気に入る色に変えることができれば、満足感を得ることができ、塗り替えることで、新たな魅力を持つ車に生まれ変わることができます。

ボディペイントするとイメージチェンジできるので、とても新鮮な感動があるのですが、いかんせん、査定時の評価は下がります。ボディペイントされる車は、事故車から修理された車というイメージもあるため、そうでない車であっても、一般的な印象から評価は下がってしまいます。特に素人が施した塗装というのは、見た目にもムラがあることが多く、査定時の評価は下がります。